お電話でのお問い合わせ:(075) 706 5910

LEDパネルとは?

導光板式LEDパネル

弊社の導光板式LEDパネルは

  • 輝度均一度80%以上
  • 平均照度3500Lux以上
  • 寿命約50,000時間

が特徴の導光板とLEDチップの光を使用した面発光のライトパネルです。

板面が均一に光るように設計された導光板の側面からLEDチップの光を当て、大きな面積を発光させます。

弊社の導光板は印刷型ドット方式パターンの導光板です。

導光板のしくみ

光は導光板の側面から入り、導光板の中を乱反射しながら進みます。そして、表面のドットパターンにより板面が均一に発光します。

 

板面輝度均一度80%以上

輝度ムラが少ない面光源

(A1サイズLEDパネルの輝度分布図)

板面の9点で計測した実際のデータです。LEDチップは875mmの長手方向上下に挿入されております。(詳細データ)

A1サイズのメディアを挿入するための大きな発光面ですが、輝度ムラは少なく、最大照度は5280Lux、最小照度は4512Luxと750Lux程度の誤差しかありません。

LEDライトパネルは均一に発光する面光源はメディアを映し出すてバックライトとして最適で、たくさんの店舗や公共施設でお使いいただいております。産業用としては、ドット柄を見えなくする拡散板を導光板の上に置くことでさらに均一な面光源として国内大手メーカー様での目視検査・画像検査用の面光源としてお使いいただいております。

拡散板

(導光板+拡散板仕様)

モジュール型/照明パネル型(LEDライトモジュール・LEDライトシート)は輝度ムラの少ない均一な面光源として既存サインの代替光源、什器照明、建築化照明、機械の組み込み光源として最適です。

 

平均照度3500Lux以上

高品質で高輝度のソウル半導体のLEDチップを使用することによって板面の平均照度は3500Lux以上あります。

輝度UP型は特注にてLEDチップの数を増やすことにより、板面照度を5000~10000Lux以上の超高輝度で発光させることもできます。

板面の照度は別売りの調光器で調光できます。(産業用:可変型調光器/サイン用:パルス式調光器)

明るさに加えて、演色性はRa83以上あり、バックライトとしてLEDライトパネルをご使用される際にはメディアがきれいに映し出されます。

 

寿命約50,000時間

放熱効果の良いアルミ製放熱バーを使用した構造はLEDチップの寿命を最大限引き延ばし、約50000時間の高寿命です。(1日10時間の点灯で約13年7カ月)

10年間メンテナンスフリーでご使用いただいている店舗もございます。

蛍光ランプの約6倍の寿命です。

 

 

<<製品の仕様>>

ACアダプター仕様

入力:100-240V 50/60Hz 出力:DC12V

光導板

5mm/3mm 印刷型ドット方式パターン

LEDチップ

13.3mm(40mm/1ユニット)/16.7mm(50mm/1ユニット)

色温度

3000K(電球色)/5000K(昼白色)/6000K(標準白色)

屋内用フレーム

前面開閉式スナップ(アルミニウム)

屋外防水フレーム 

扉型開閉式

モジュール型

アルミフレーム一体型

 

<<使用上の注意点>>

  • 導光板は光制御のためにDotパターン印刷を導光板表面に施しております。点灯時に模様のように見えますが故障ではありません。
  • 面光源としてフィルムメディア等を使用せずにお使いの場合は、導光板上に拡散板(もしくは、乳白のバックライトフィルム)をのせてご使用ください。
  • 屋内用には防水機能はありません。(LEDチップの簡易防水仕様は可能ですが導光板の防水処理はありません。)屋外でお使いの場合は屋外型防水仕様をお使いください。

LEDライトパネルカタログダウンロード

LEDライトパネルのしくみ 薄型LEDパネルのしくみ 最軽量のLEDパネルのしくみ

商品一覧

お問い合わせ