LEDライトパネル

LEDパネルの正しいメンテナンス方法

LEDパネルのメンテナンス

LEDチップの光を使用して光るLEDパネルは、約50,000時間もの寿命がありますので長い期間使用することができます。

弊社に寄せられるLEDパネルの不点灯の原因の9割近くは電源装置(特にACアダプター)の故障です。電源装置の故障は電源装置を交換すると不点が解消され、問題なく使用できるケースがほとんどです。使用方法に問題がなく急に光らなくなった場合にはACアダプターを疑ってください。

また、長い期間使用されているとLEDパネルを掃除する必要があります。

  • 水をなるべく使わず、柔らかい布で掃除をしてください。
  • 布で掃除をする際は前面の透明アクリルに傷がつきやすいので特にお気をつけください。
  • 開閉式のスナップフレームに溜まったホコリ等は内部に水が入らないように細心の注意を払って掃除してください。

掃除の際は以上の3点を特にお気を付けください。LEDパネルは電気製品ですので特に水に弱く、掃除の際に水がかかり故障してしまうケースも多くあります。

 

続きを読む

15000Lux以上の超高輝度!輝度UP型LEDパネル

超高輝度型LEDパネル

サイン用のバックライトとしては3500Lux以上の光であれば非常に明るく昼夜問わず目立ちます。

また、均一輝度が高い(光ムラが少ない)面光源はバックライトや照明パネルとしてとても美しく見えます。

しかし、画像検査や目視検査などの検査用光源、産業機械への組み込み光源としてでのご使用はさらに照度の高い面光源が求められる場合があります。

検査用光源では高輝度に加えて板面の均一輝度も重要となります。

弊社では導光板式LEDパネルの輝度UP型として

  • サイン用光源の平均照度の約4.2倍以上である15,000Lux以上
  • 板面輝度均一度80%以上(光のムラが非常に少ない)の軽量薄型

の平面光源LEDパネルを製作いたします。

輝度UP型のLEDパネルは国内大手メーカー様をはじめ、国内外の工場で永年ご使用いただいております。

続きを読む

導光板とエッジライト方式の4つのメリット

導光板

LEDライトパネルにおいて大変重要な要素である導光板とエッジライト方式についてご紹介いたします。

エッジライト方式とは導光板方式とも呼び、LEDパネルの側面から(LEDチップの)光を当て、板面を均一に発光させる方法です。

そこで大変重要な役割を担うのが導光板です。

導光板とは無色透明のアクリル板にドット柄のモジュール印刷や削るという加工を加えて、本来ならば側面から光を通しても発光することのないアクリル板を発光させる特殊な板です。

これらの加工が施された導光板により、側面からLEDチップの光を当てることで板面全体がきれいに発光します。

エッジライト方式とそれに欠かすことのできない導光板について詳しくご紹介させていただきます。

続きを読む

LEDパネルとは?4つのメリットとしくみ

弊社では2007年より導光板式のLEDパネルを製作・販売しております。

LEDパネルは大きく分けて導光板方式(エッジライト方式)板面直下型の2つに分かれます。

導光板方式は導光板の側面よりLEDの光を当てて板面全体を光らせます。それに対して、板面直下型は板面の下にLEDを敷き詰めて板面を発光させます。

導光板方式は光の効率がよく、薄型軽量のためサインパネルのみならず建築化照明や什器照明の面光源としても多くお使いいただいております。導光板にはドット柄をシルクスクリーンで印刷するタイプやVカットといわれる溝を板面に作るもの、レーザーで板面に傷を付けるものなどがあります。弊社ではドット柄をシルクスクリーンで印刷するタイプを採用しております。

弊社で採用しているドット柄を印刷するタイプの導光板は非常に明るくムラが少ない構造となっております

続きを読む