LEDライトモジュール

LEDパネルの製品紹介

導光板式のLEDパネルについての製品詳細ビデオをアップロードしました。

動画の中では、

  1. 製品の紹介
  2. LEDパネル・導光板のみのモジュール型の使用方法
  3. 弊社製品の6つの特徴
  4. 照度・輝度均一度の紹介
  5. 特注製作について
  6. 実際の製品検査の様子
  7. 実際の使用例
  8. 製品一覧

を動画とテキストにてご紹介いたしております。

続きを読む

什器照明としてのLEDパネル

陳列什器としてのLEDパネル

弊社のLEDパネルはすべて導光板の側面からLEDチップの光を当てて板面全体を均一に発光させるしくみです。

LEDチップの光を側面から当てることにより、板面の直下から当てるよりはるかに薄い面発光の光源を実現します。LEDパネルは電球などの点光源やLEDチップバーなどの線光源とは違い広範囲均一に発光する面光源です。

そのため広範囲が発光するLEDパネルは店舗で商品を陳列するための什器(陳列什器)の什器照明最適な光源となります。

LEDパネルを什器照明としての使用方法を詳しくご説明します。

続きを読む

導光板とエッジライト方式の4つのメリット

導光板

LEDライトパネルにおいて大変重要な要素である導光板とエッジライト方式についてご紹介いたします。

エッジライト方式とはLEDパネルの側面から光を当て、板面を均一に発光させる方法を指し、導光板方式とも言われております。

この発光方法で大変重要な役割を担うのが導光板です。

導光板とは無色透明のアクリル板にドット柄のモジュール印刷や削るという加工を加え、本来ならば光を通しても発光することのないアクリル板を発光させる特殊な板です。

これらの加工が施された導光板により、側面からLEDチップの光を当てることで板面全体がきれいに発光します。

エッジライト方式とそれに欠かすことのできない導光板について詳しくご紹介させていただきます。

続きを読む

LEDパネル総合カタログ

LEDライトパネル総合カタログ

弊社では導光板式LEDパネルを製作・販売いたしております。

この度、弊社のLEDライトパネルのカタログがLEDライトパネル総合カタログとしてリニューアルいたしました。

全16ページにわたり、弊社でお取り扱いさせていただく導光板式LEDパネルの詳細を記させていただきましたので是非ダウンロードしてご覧ください。

紙ベースやFAXにてご覧になりたい方はお問い合わせページ、電話(075-706-5910)、FAX(075-706-5911)、メール(shop@lumitechno.co.jp)にてお申しつけください。

今回は総合カタログのサムネイルとダウンロードリンクをご紹介いたします。

続きを読む

ショーウィンドウのディスプレイ照明

ショーウィンドウのディスプレイ照明

今回は店舗のショーウィンドウ内の照明としてのLEDパネルをご紹介させていただきます。

アパレルショップのショーウィンドウはその店舗の商品をPRする場となり、洋服を着たマネキンが飾られています。そのため、ショーウィンドー内部の照明は明るく対照物をきれいに見せる演色性の高いものである必要があります。

弊社のLEDパネルは非常に明るく、演色性を示す数値であるRaが83以上、板面の均一輝度は80%以上で光ムラの少ない光源です。電球色等、板面の色温度を選ぶことのできる特注製作はショーウィンドウ内の光の演出を行うことができます。

LEDパネルはLEDチップバーやテープライトなどの線発光や電球などの点発光ではなく、広い範囲を均等に光らせることのできる面発光の照明です。均一に明るい面光源のLEDパネルは陳列什器の什器照明や光床や光壁などの建築化照明としてもホテルや店舗での導入事例がございます。

続きを読む

A3サイズのフレームレス薄型LEDパネル

フレームレス薄型LEDパネル

今回も新しくオンラインショップに入荷した製品をご紹介します。

A3サイズのフレームレス薄型LEDパネル【LEDライトモジュールA3(品番:A3-L1116-4S8)

弊社でお取り扱いのあるフレームレス仕様の明るいLEDパネルはバックライト光源のみならず、陳列什器の什器照明や建築化照明としても多くご利用いただいております。板面の保証照度は3500Luxもあり実際には4500Luxを超える明るさがあります。

また、質の高いLEDチップの演色性はRa82を超えます。

続きを読む

両面発光と拡散板仕様のLEDパネル

両面発光&拡散板仕様LEDパネル

新しくオンラインショップに入荷いたしました両面発光のLEDパネルと拡散板仕様のLEDパネルをご紹介いたします。

今回入荷した製品は

A4サイズ両面発光型LEDライトモジュール(A4-L1116-4D8)

拡散板仕様A4サイズLEDライトモジュール(A4-L1116-4S10-LDP)

の2種類です。

両者共に導光板の4辺が放熱フレームのみに囲まれたフレームレスのLEDパネルです。薄型でフレームレスのLEDライトモジュールは非常に柔軟で様々な使用用途があります。今回はこの2つの製品についてご紹介いたします。

続きを読む

RGBフルカラーLEDパネル

RGBフルカラーLEDパネル

RGBフルカラーLEDパネルについて詳しくご紹介いたします。

LEDパネルとは電球のような点発光でも蛍光灯のような線発光でもなく、LEDチップの光と導光板を利用した面発光の光源です。

弊社のLEDパネルは板面直下型、つまり板面の下にLEDを敷き詰めるしくみのLEDパネルではなく、導光板の側面からLEDチップの光を当て均等に盤面を光らせる導光板方式(エッジライト方式)を採用しております。そのため、板面直下型に比べ消費電力も少なく、かつ同等の輝度(明るさ)を維持することができます。

RGBフルカラーLEDパネルは従来の一色のLEDチップを使用せずRGBという3種類のLEDチップを使用することで自由に盤面の色を表現することができます。

少し変わった照明器具、おしゃれやエンターテイメントを演出する照明器具には最適な面発光の光源としてご使用いただくことができます。

続きを読む

LEDパネルの防水加工

今回はLEDパネルの防水と水への対策についてご紹介いたします。

このblogでもLEDと水の関係は何度か取り上げさせていただいております。

LEDパネルは電気製品であり、水が原因による故障は不具合の中でも多くの数を占めております。そこで今回は水による故障の問題を対処するためにLEDチップの防滴・防水加工をご紹介いたします。

この防滴・防水加工をすることにより、水によるLEDチップ故障のリスクを限りなく低くします。(*必ずしも故障のリスクが無くなるわけではありませんのでご注意ください。)

続きを読む

色温度について

LEDパネルと色温度

今回はLEDパネルと色温度の関係についてご紹介いたします。

以前にも色温度(ケルビン・K)についてBlogにてご紹介させていただきました。

カーボン(炭素黒体)は熱すると、温度によって赤くなったり白くなったりします。その際、カーボンの色とその温度に比例して表された値をケルビンと呼びます。この数値が低ければ赤やオレンジ色っぽく、高ければ青っぽい色を示します。

ろうそくの炎でイメージするとわかりやすく、上部分(赤っぽい)が低い色温度で、下部分(青っぽい)が高い色温度です。

LEDパネルと色温度の関係となると、LEDパネルをサインパネルやPOP広告のバックライト光源とした場合、

和食のお店や住宅照明のような暖かい安らぎの雰囲気を創るためには電球色の3000K(ケルビン)を、

化粧品や写真パネルなどのように肌色を自然に見せるためには昼白色の5000Kを、

文字を美しくシャープに見せるためには標準白色(昼光色)の6000Kを、

より黒色の文字などをはっきりと見せるためには昼光色の7000Kや白色で少し青みのかかった9000K

をご選択ください。

この3000K,5000K,6000K,7000K,9000Kの5種類の色温度とLEDパネルについてもう少し詳しくご説明いたします。

*現在7000Kのご製作を中止させていただいております。

 

続きを読む