ELシートとLEDライトシートの特性と比較

ELとLEDの特性と比較

ELシートとLEDライトシートは発光原理や使用方法などは異なり、単純に比較はできませんができるかぎり比較したいと思います。

これら2つの製品の大きな違いは発光原理です。電気を通すことにより自発光するELシートに対してLEDライトシートはLEDチップの光を導光板の側面から当て、板面全体を発光させます。明るさはLEDチップを用いたLEDライトシートの方が圧倒的に明るく板面照度1000Lux程度(A3サイズ)のELシートに対してLEDライトシートは3500Lux程度(A3サイズ)と3倍以上も明るく発光します。

LEDライトシートは板面の明るさを変える調光器を使い調光することや特注製作が容易であり、ELシートは簡単に曲げることができたりと両者ともに使用用途が異なります。

LEDライトシートの発光原理としくみ

LEDライトシート

Lアングル型放熱フレーム

LEDライトシートはアクリル製の導光板の側面よりLEDチップの光を当て、効率よく板面全体を均一に発光(輝度均一度85%以上)させます。少ないパーツで構成されたLEDライトシートは特注製作することが簡単で最小100mm×100mmから1200mm×2400mmの大きさで1mm単位で製作することができます。また、LEDチップを取り換えることにより3000K(電球色),5000K(昼白色),6000K(標準白色),RGBフルカラーの板面色温度をご選択いただくことができます。

LEDチップの光を利用することから調光器を使用して調光することも可能であり、任意で板面の明るさを調節していただけます。

明るさと柔軟さから光壁・光床等、空間デザインの建築化照明や店舗什器の什器照明など明るい面発光の光源として用いられます。

 

ELシートの発光原理としくみ

高輝度無機ELシート

*弊社で販売するものは高輝度無機ELシートです。ご自身でカットすることができる低輝度のELシートや主にディスプレイで使用される有機ELシート/パネルとは区別します。

ELシートは200V1000Hzの交流を流すことにより300cd/m2(板面照度約1000Lux)で自発光するシート状の光源です。板面の明るさのムラは一切なく均一度100%という珍しい光源でもあります。

最近では、圧倒的な薄さと軽さにより曲げても発光するELシートは産業用ミシンの組込光源や美術品の転写や修復するための光源としてご使用される例が多く、バックライト光源としてはLEDを使用した光源のほうが適しています。

しかしながら、複雑なつくりと特性から特注製作をすることが難しくコスト・納期と共に上昇してしまいます。Aサイズ等の規格サイズでの販売となります。

*有機化合物で構成された有機ELに対して無機ELシートは無機化合物で構成されています。前者はテレビや携帯電話のディスプレイでよく使用されますが、後者の無機ELは主に光源として使用されます。製品化することが難しかった

有機ELに対して比較的安価で手に入れることのできる無機ELは昔から一般に製品化されており、弊社では2007年より販売しております。

 

共通点

共通する点も多いのがLEDライトシートとELシートの特徴です。

両者ともに光源から紫外線を出すことがなく、対照物を紫外線により傷つけることはありません。また、板面に熱を持つことがなく対照物の熱による劣化を防ぎます。この2点は蛍光灯や白熱灯を用いた光源との大きな違いであり、支持される理由の一つでもあります。非常に薄くライトシートは8mm、ELシートにおいては1mm以下と非常に薄いです。(電源装置は別)

水に対しては非常に弱く、水がかかるとショートして点灯しなくなります。

 

大きく異なる点

圧倒的に異なるのは寿命です。輝度半減値達成時間(明るさが半分になるまでの時間)が約3000時間で完全に発光しなくなるまで約10000時間弱のELシートに対してLEDライトシートは寿命が約50000時間と非常に長いです。

反対に、曲げて使用される際には製作段階でR付けをしなくてはならないLEDライトシートに対してELシートは紙状の光源ですので誰でも簡単に曲げることが可能となります。

発光原理は上記でも述べたようにLEDライトシートは直流電流のDC12Vを出力する電源装置(ACアダプター/直流電源装置)で、ELシートは交流電流のAC200V1000Hzを出力する電源装置(インバーター)で発光します。

 

まとめ

LEDライトシート ELシート
入力 DC12V AC200V1000Hz
明るさ
軽さ
寿命  約50,000時間 約3,000時間(半減)
特注
紫外線放出 しない しない
色温度 3K/5K/6K/RGBフルカラー 10,000K
調光 ×
柔軟性
 輝度均一度 85%以上 100%

冒頭でもお伝えしましたが発光原理や発光方法、最適の使用用途が異なるため単純に比較することが難しいです。

建築・デザイン分野では明るさや柔軟性から主にLEDライトシートを、産業用ミシンの組み込み光源や美術品の補修等はELシートをご使用いただくことが多いです。

ご希望のご使用用途から最適の光源をお選びください。

【LEDライトパネル総合カタログ】

弊社では2007年より他社に先駆けて導光板方式のLEDライトパネルを製作・販売しております。

弊社の製品は

  • 「薄くて軽い」

  • 「明るい」

  • 「輝度ムラが少ない(輝度均一度80%)」

  • 「高演色性の面光源(Ra83以上)」

  • 「柔軟性が高い」


高品質のLEDライトパネルです。サインのバックライトパネルはもちろん、光壁・光床等の建築化照明、店舗什器の什器照明、機械の組み込み光源、検査研究用の面光源など最小100mm×100mmから最大1200mm×2400mmの大きな範囲まで均一に発光する面材としてご使用いただいております。

特注製作ではどなたでも1台から短納期で承っております。まずは、カタログを無料ダウンロードしてご覧ください!

カタログを無料ダウンロード

SNSでもご購読できます。

LikeBox

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar

Instagram Feed

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31