屋外サインに最適!屋外型防水LEDパネルと3つの特徴

屋外型防水LEDパネルについてご紹介いたします。

弊社でも採用する導光板式LEDパネルはLEDチップの光を導光板の側面から当てて板面に光ムラなく発光させております。

LEDパネル、特にLEDチップは電気製品ですので防水性がなく水に弱く、防水仕様でなければ水にかかるとすぐにショートしてしまいます。

過度な湿度や水がかかったりする心配のない屋内でのご使用は問題ありません。

しかし、屋外での使用もしくは常設においては

  • 高温多湿
  • 雨やホコリ、排気ガスなどの汚れ

が問題となります。こういった環境化では屋外型防水LEDパネルが活躍します。

 

 

特徴

弊社の屋外型LEDライトパネルには以下3点の特徴があります。

  1. 防水構造
  2. いたずら防止の鍵付き
  3. ACアダプター内蔵

特に屋外で常設されるサインの場合はこれら3点を備えた屋外型防水LEDパネルが最適です。

安心の防水構造

屋外用アクリル

LEDパネルはLEDチップを使用しております。

そのため水に弱く、防水仕様を施していないLEDチップに水がかかるとショートし、故障の原因となり、大変危険です。

屋外型防水のフレームは防水構造になっており、外部からの水の侵入を防ぎます。また、万が一のためにLEDチップも防水処理を施しております。

同時に専用の屋外型防水フレームは内部のフィルムメディアを水から守ります。

防水構造にて密閉しておりますが、LEDの寿命を左右する放熱にも優れており、屋外に常設するサインとしては最適の仕様となっております。

 

鍵付きフレーム

鍵

屋外に常設される際には、防水対策のほかにいたずらなどの防犯対策も重要です。

屋外型防水のフレームには側面に専用の鍵を取り付けております。これにより、フレーム内の導光板やLEDチップ、フィルムメディアへのいたずらを防ぐことができます。防犯性にも配慮したLEDパネルです。

 

ACアダプター内蔵

ACアダプターをケース内に収めているため、電源プラグのコードのみを本体から出しています。

そのため、ACアダプターおよび電源装置を別途設置する必要がなく、壁面にもきれいにLEDパネルを設置することができます。

 

屋外型防水LEDパネルの図面

屋外用防水LEDパネルの参考図面です。ホームページでは様々なサイズの図面を公開しております。

屋外用防水LEDパネルの図面

開閉式扉型防水フレームは縦型横型の両方での製作が可能です。

そのほかにも裏面配線の位置、壁付け用のビス穴の増加または廃止もお受付いたします。

また、ご希望があればお見積りの際に無料で上記の図面を作成・提出いたします。

 

まとめ

屋外にLEDライトパネルを置く場合、1番に気を付けなければならないことは防水機能です。

弊社の屋外型防水LEDパネルは防水性能に加え、LEDパネルへのいたずら防止機能もついております。これらの機能はLEDパネルを屋外へ設置する上で大変重要なポイントとなります。

 

弊社の屋外型防水LEDパネルは他のLEDライトパネルと違い、扉型開閉式のフレームとなっております。

扉型開閉式のフレームもスナップ式フレームと同様、簡単にメディアの交換をすることができます。

屋外常設サインに最適な屋外型防水LEDライトパネルの採用を是非ともお願い申し上げます。

 

弊社では200mm×200mmから2,400mm×1,200mmまでの1ミリ単位でのサイズの特注、3000K(電球色),5000K(昼白色),7000K(昼光色),9000K(青みのかかった白色)の色温度の指定と変更、フレームの縦開き・横開きの指定など細かい特注製作も1台からいたします。

お見積り依頼もしくはお問い合わせからご用命ください。

*現在7000K,9000Kのご製作を中止させていただいております。

 

SNSでもご購読できます。

LikeBox

Facebook By Weblizar Powered By Weblizar

Instagram Feed

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

営業日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30